クレジットカードのデメリット

クレジットカードの場合には、デメリットは反面メリットでもあるということですが、例えば使いすぎてしまうということがデメリットで挙げられることはよくあります。しかしそれは利用しやすいということや利用出来るということなので、そうなるとメリットとデメリットは同じということになります。また日本人特有ですが、コンビニなどで利用する場合に、購入する額が少額の場合には、他のものも購入してしまうということでの使いすぎもあります。これは日本人独特の習慣のようですが、欧米ではそんなこともなく、買いたいものだけ購入しているということのようです。また購入の場合でもクレジットカードの場合には、高い商品の方を購入してしまうという傾向もあるようです。本来の購入目的での商品よりハイグレードな方を購入してしまうということですが、このようなことも気をつけるべきです。

クレジットカードの年会費

クレジットカードの年会費は、カード会社に対して支払う使用料のようなもので、年会費が永年無料のものから高額なものまであり、一般に年会費が高い程、使用限度額や国内旅行や海外旅行の傷害保険の限度額が高い傾向にあります。カードを作ってもあまり使わない方やカードを使って節約したいという方には年会費が永年無料のカードがおすすめです。また、最初の年だけ無料で2年目以降は年会費がかかる初年度無料のカードもあります。カード申込みの際には、ずっと無料なのか初年度無料なのかをきちんと確認し、1年間のお試し期間のうちに継続利用するかどうかを判断しましょう。節約学生から目的の場合には年会費永年無料のカードを選べば問題ないのですが、無料だからと選んでしまった結果、本来受けられるサービスを受けられなくなってしまうという事は避けたい所です。クレジットカードを使う方の目的やライフスタイルなどに合わせて、自分にとって最適なカードを持つことがベストと言えます。

クレジットカードのチェツク項目

クレジットカードの利用の場合にはチェックすべき内容があります。それらをチェックしていないと、思わぬトラブルに遭ったりします。例えば不正利用された場合でも、引き落としをされてしまう場合があります。それは明細を見ていないからで、明細を見る癖をつけておくと、おかしな出費でも確認出来ます。海外旅行ではよくあることで、体験からもそのことを処理することができたということで、明細書の確認の重要性が分かりましたが、ちょうどその時には海外旅行をしていなかったので、電話連絡だけで変更が出来ました。しかしもし明細書を見ていなければ、引き落とされていたということになります。また少額の場合などは、それが長い期間わからないということもあります。いつの間にかリボ払いの中に入っていたとかです。このように確認は義務でもあります。